4デイズの動画フルを無料視聴!字幕も吹き替えも見れる【映画】

サスペンス

映画『4デイズ』【監督:グレゴール・ジョーダン|原題:Unthinkable】(2010年)の動画フルを無料視聴する快適な方法をご紹介します。

\31日間以内に解約すれば、料金はかかりません/

今すぐ、『4デイズ』を無料で見てみる

4デイズの動画フルを無料視聴する快適な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、映画『4デイズ』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

動画配信情報
U-NEXT 〇(字幕・吹替)
Hulu ×
FOD ×
dTV ×
Amazonプライム △(字幕)
Netflix ×

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験キャンペーンがなくなっています。ですから、1ヶ月のお試し登録ができなくなりました。登録した時点で、通常料金が掛かります。

※紹介しているVODサービスの情報は2020年6月11日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

4デイズの無料視聴ならU-NEXT!【映画】

映画『4デイズ』を鑑賞するなら見放題配信しているU-NEXTがおすすめです。

U-NEXTに初めて登録する場合、無料視聴できるキャンペーン期間が31日間あります。

キャンペーン期間中に解約すれば、一切、お金はかかりません。実際に、視聴できるか体験してから継続して契約するか決めることができます。

やっぱり、使ってみないとわからないので、優しいシステムですね。

映画『4デイズ』でHを演じていたサミュエル・L・ジャクソンが出演する下記の映画がU-NEXTで配信されています。

【主な配信作品】

  • S.W.A.T.
  • キングスマン
  • ダイ・ハード3
  • ターザン:REBORN
  • アンブレイカブル

サミュエル・L・ジャクソンの幅広い演技を色んな映画を見て満喫してください。

さらに、U-NEXTのキャンペーンには31日間の無料体験だけでなく、600円分のポイントの特典がついてきます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が、どんどん動画配信されます。ただし、新作映画は見放題で配信されることは、ほとんどありません。

そこで、助かるのが特典でもらえるポイント600円分です。

ポイント600円分を使えば、有料扱いの新作映画も追加料金がかかりません。

サミュエル・L・ジャクソンが出演するブリー・ラーソン主演映画『キャプテン・マーベル』も特典のポイントを使えば実質、無料で鑑賞できます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに好きな場所で手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、予想以上にハマる動画配信サービスといえるでしょうね。

>>>U-NEXTで映画『4デイズ』を見放題で鑑賞する<<<

U-NEXT(ユーネクスト)

4デイズの動画はパンドラなどで無料視聴できないの?【映画】

無料で動画を視聴できるようにアップされている動画共有サイトを紹介します。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

これらのサイトにある動画は、著作権に違反して勝手にアップロードされたものです。そのため、次のようなデメリットがあります。

画質や音質の程度が低く、快適に視聴できません。そして、スマホやパソコンがウイルス感染するリスクもあります。

U-NEXTで映画『4デイズ』を安全に視聴する

4デイズのネタバレ感想と評価【映画】

映画『4デイズ』は、核爆弾を仕掛けたテロリストから爆弾の在り処を聞き出すことに挑んだCIA尋問官とFBI捜査官の4日間にわたる苦闘を描いた作品です。

爆弾の所在を引き出すためには拷問も積極的に用いるべきとするCIA尋問官と、どんなに危機的状況であっても拷問は用いてはならず、あくまで法に則らなくてはならないとする FBI捜査官という対立が物語の軸になっています。

そこから様々な論点が提示されていくのですが、結末は作品で展開してきた対立軸からは予想もつかないものになっていることが映画『4デイズ』の面白さです。

CIA尋問官H(サミュエル・L・ジャクソン)とFBI捜査官ブロディ(キャリー=アン・モス)との対立には、テロリストとの向き合いかたや拷問の是非などに関するあらゆる議論が盛り込まれています。

Hは一定程度の痛みを与えなければテロリストのスティーブン・アーサー・ヤンガー(マイケル・シーン)にこちら側の本気は伝わらないし、自白を引き出すこともできないとする立場から拷問を肯定します。

尋問冒頭の、まだ、ろくに会話も交わしていない段階でテロリストの指を切断するシーンからは、Hの拷問に対する姿勢と、数々の凄惨な現場を経てきたことで形成された彼の狂気が十分すぎるほど伝わってくるのです。

そして、拷問を用いることは法治国家ではあってはならないとするブロディの姿勢を軟弱でテロリストになめられていると批判します。

他方のブロディは、拷問では真実を引き出すことはできないとしてHを批判しました。

指の切断に続き、電気ショックでHは真実を引き出そうとするのですが、あまりに残忍な拷問が連続するにもかかわらずテロリストは何も話そうとはしません。

明らかにブロディの説が正しいと思わせる展開です。

おまけにブロディの尋問によりテロリストは爆弾の場所を話したことは、物語の流れが全体としてブロディの説、拷問は残忍なだけで真実を引き出すことはできず、拷問はやってはならないという結末に向かっているかのように思わせます。

むごたらしい拷問シーンの連続とブロディの母性を感じさせる尋問の描写は、こうした結末を思わせるには十分な材料を提供していました。

ところが、映画『4デイズ』のラストは、こうした予想を完全に裏切ります。

テロリストは、3つあると考えられていた爆弾は実は4つあると言い残して自殺、4つ目の爆弾が爆発したかのように思わせる形で物語は終わりました。

結果として、CIAとFBIのプロを上回るしたたかさをテロリストが見せつけたことになります。

こうした終わりかたは、見ている人間の予想を上回り、驚きを与えた点で十分なインパクトを感じさせ、いかにもエンターテイメントを感じさせる結末です。

しかし、エンターテイメントに徹するのであれば、行き過ぎた拷問の描写であったり、Hがテロリストの目の前で彼の妻を殺害するなど、映画という作り物であっても見ていられないような場面は必要であったのかが疑問です。

映画『4デイズ』は、度を越した残忍さばかりが印象に残ってしまい。結末の面白さを堪能できない作品でした。

4デイズの動画無料視聴まとめ

映画『4デイズ』の動画を無料視聴できる方法をご紹介しました。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、4デイズをU-NEXTで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました