ガール・オン・ザ・トレインの動画フルを無料視聴!Huluで見える?【映画】

サスペンス

エミリー・ブラント主演映画『ガール・オン・ザ・トレイン』【監督:テイト・テイラー|原作:ポーラ・ホーキンズ|原題:The Girl on the Train】(2016年)の動画フルを無料視聴する快適な方法をご紹介します。

\31日間以内に解約すれば、料金はかかりません/

今すぐ、『ガール・オン・ザ・トレイン』を無料で見てみる

ガール・オン・ザ・トレインの動画フルを無料視聴する快適な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、エミリー・ブラント主演映画『ガール・オン・ザ・トレイン』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

動画配信情報
U-NEXT ×
Hulu ×
FOD ×
dTV 〇(字幕・吹替)
Amazonプライム △(字幕・吹替)
Netflix ×

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験キャンペーンがなくなっています。ですから、1ヶ月のお試し登録ができなくなりました。登録した時点で、通常料金が掛かります。

※紹介しているVODサービスの情報は2020年6月18日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

ガール・オン・ザ・トレインの無料視聴ならdTV【映画】

映画『ガール・オン・ザ・トレイン』はHulu(フールー)では配信されていません。

鑑賞するなら見放題配信しているdTVがおすすめです。

dTVに初めて登録する場合、無料で鑑賞できるトライアル期間が31日間あります。

お試し期間中に解約すれば、まったく、お金はかかりません。

動画配信サービスは、自分で使ってみないと使いやすいかや自分の見たい作品があるのかなど、判断できないので、うれしいですね。

実際に使ってみて満足したら継続すれば良いですし、そうでなければ解約して、自分に合った配信サービスを探しましょう。

そうすることで、好きなときにドラマや映画、アニメを楽しむことができます。

そのために、トライアル期間を上手に利用して確かめてくださいね。

映画『ガール・オン・ザ・トレイン』でレイチェルを演じていたエミリー・ブラントが出演する下記の映画がdTVにて見放題で配信されています。

【主な配信作品】

  • スノーホワイト 氷の王国
  • ボーダーライン
  • オール・ユー・ニード・イズ・キル

エミリー・ブラントの魅力をたっぷり満喫してください。

>>>dTVで映画『ガール・オン・ザ・トレイン』を見放題で鑑賞する<<<

dTV(ディーティービー)

ガール・オン・ザ・トレインの動画はパンドラなどで無料視聴できないの?【映画】

無料で動画を視聴できるようにアップされている動画共有サイトを紹介します。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

これらのサイトにある動画は、著作権に違反して勝手にアップロードされたものです。そのため、次のようなデメリットがあります。

画質や音質の程度が低く、快適に視聴できません。そして、スマホやパソコンがウイルス感染するリスクもあります。

dTVで映画『ガール・オン・ザ・トレイン』を安全に視聴する

ガール・オン・ザ・トレインのネタバレ感想と評価【映画】

映画『ガール・オン・ザ・トレイン』は、酔って記憶を無くすことを使ったミステリーと、電車の車窓から眺める日常のふとした光景から想像の世界を膨らませていくという一種の現実逃避願望を組み合わせた物語です。

物語序盤にはミステリーの要素はなく、都市近郊を走る電車の車窓から眺める景色に想像をたくましくする女性、そして、その女性から見つめられる2人の女性の目から彼女たちの人生や日常が語られます。

主人公で車窓から外を眺める女性レイチェル・ワトソン(エミリー・ブラント)の人生が明らかにされ、見つめられる女性の1人であるメガンが行方不明になったことをきっかけに物語は謎解きの要素で満たされていく展開です。

アル中で荒んだ生活を送るレイチェルを演じるエミリー・ブラントの自己肯定感の欠如に苦しみながらも、まだ希望を全く失ったわけではない女性を演じる表情が素晴らしく、物語に引き込まれていきます。

無関係に思われた3人の女性は、実は赤の他人ではないことが徐々に明かされていくのが物語序盤の特徴です。

レイチェルに見つめられる2人の女性のうちの1人であるアナ(レベッカ・ファーガソン)は、レイチェルの元夫トム(ジャスティン・セロー)の現在の妻。

そして、アナの家でベビーシッターとして働く女性がメガン(ヘイリー・ベネット)であることがわかります。

かつて、レイチェルは、なかなか妊娠できないことをきっかけにアルコールに依存するようになり、そのおかげで夫とは離婚、後に仕事も解雇されてしまうのでした。

こうした来歴からもわかるように、レイチェルの内部には過去の自分の行いに対する悔恨と現在の生活に対する幻滅、そして、現実逃避の感情がないまぜになっているのですが、そこに車窓から眺める光景がある種の希望を与えます。

若くて活力に満ちたメガン夫婦の姿が彼女を魅了し、彼女はメガン夫婦を完璧なカップルとして、そこに希望を見出すようになっていきました。

たとえ、自らの目に映る夫婦の日常を自分が勝手に美化したものであっても、何らかの心の救済を得られるのであれば、それで十分なものという印象をここでは強くします。

同時に彼女のこうした些細な救済がその後、どのように展開するのかに強い関心が湧いてくるのです。

ところが、映画『ガール・オン・ザ・トレイン』の物語はレイチェルの救済よりも、アルコール依存による記憶障害が中心になっていきます。

レイチェルは常に泥酔状態であり記憶も断片的です。

元夫との離婚も、自分が酔って暴れたことが原因であると考えています。

そうした中、メガンが行方不明になるのですが、彼女が行方不明になった当日にレイチェルが彼女を訪ねていることや、その翌日、目が覚めた際に自分が血まみれであったため、レイチェルは自分が彼女を殺したかもしれないと考えるようになります。

実はこうした彼女の記憶は元夫による記憶操作であって、真犯人はメガンと浮気をしていた元夫であることがわかりました。

それまで良き夫、良き父として描かれていた元夫がいきなり家庭内暴力を振るう殺人者として描かれ、物語の空気が一変します。

それに伴って、レイチェルも哀れなアルコール依存症のおせっかいな女という描かれ方から、元夫の最大の被害者へと激変するのです。

ですが、このあたりの描写の激変についていけるかどうかが映画『ガール・オン・ザ・トレイン』を面白いと思えるかどうかの別れ目になります。

作品冒頭で描かれたレイチェルが抱える現実逃避願望に基づく他者を見つめる眼差しは、たとえアルコールの問題を抱えていなくても、誰もが共感できる心理であり、しかも、中々、有効な解決策が見つからない心理状態でもあります。

そうした内面の問題を、元夫の描写を一変させることで解決しようとする物語の展開は、やや安直すぎるように感じました。

映画『ガール・オン・ザ・トレイン』は、エミリー・ブラントの見せる表情が素晴らしかっただけに、よりレイチェルの内面の苦悶を彼女自身がもがき苦しみながら解決していくような物語であればもっと良かったのにと思います。

ガール・オン・ザ・トレインの動画無料視聴まとめ

エミリー・ブラント主演映画『ガール・オン・ザ・トレイン』の動画を無料視聴できる方法をご紹介しました。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、ガール・オン・ザ・トレインをdTVで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました