フローズン・タイムの動画フル無料視聴!Netflixで見れる?【映画】

ラブロマンス

ショーン・ビガースタッフ主演映画『フローズン・タイム』【監督:ショーン・エリス|原題:Cashback】(2006年)の動画フルを無料視聴する快適な方法をご紹介します。

\31日間以内に解約すれば、料金はかかりません/

今すぐ、『フローズン・タイム』を無料で見てみる

フローズン・タイムの動画フルを無料視聴する快適な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ショーン・ビガースタッフ主演映画『フローズン・タイム』日本語字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

動画配信情報
U-NEXT 〇(字幕)
Hulu ×
FOD ×
dTV ×
Amazonプライム ×
Netflix ×

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験キャンペーンがなくなっています。ですから、1ヶ月のお試し登録ができなくなりました。登録した時点で、通常料金が掛かります。

※紹介しているVODサービスの情報は2020年6月25日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

フローズン・タイムの無料視聴ならU-NEXT!【映画】

映画『フローズン・タイム』はNetflix(ネットフリックス)で動画配信されていません。

だから、見放題で配信しているU-NEXTでの鑑賞がおススメです。

U-NEXTに初めて登録する場合、無料視聴できるキャンペーン期間が31日間あります。

キャンペーン期間中に解約すれば、一切、お金はかかりません。実際に、視聴できるか体験してから継続して契約するか決めることができます。

やっぱり、使ってみないとわからないので、優しいシステムですね。

映画『フローズン・タイム』のショーン・エリス監督が手掛けた下記の映画がU-NEXTで配信されています。

【主な配信作品】

  • メトロマニラ 世界で最も危険な街

写真家でもあるショーン・エリス監督の素晴らしい映像を満喫してください。

さらに、U-NEXTのキャンペーンには31日間の無料体験だけでなく、600円分のポイントの特典がついてきます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が、どんどん動画配信されます。ただし、新作映画は見放題で配信されることは、ほとんどありません。

そこで、助かるのが特典でもらえるポイント600円分です。

ポイント600円分を使えば、有料扱いの新作映画も追加料金がかかりません。

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』も特典のポイントを使えば実質、無料で鑑賞できます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに好きな場所で手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、予想以上にハマる動画配信サービスといえるでしょうね。

>>>U-NEXTで映画『フローズン・タイム』を見放題で鑑賞する<<<

U-NEXT(ユーネクスト)

フローズン・タイムの動画はパンドラなどで無料視聴できないの?【映画】

無料で動画を視聴できるようにアップされている動画共有サイトを紹介します。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

これらのサイトにある動画は、著作権に違反して勝手にアップロードされたものです。そのため、次のようなデメリットがあります。

画質や音質の程度が低く、快適に視聴できません。そして、スマホやパソコンがウイルス感染するリスクもあります。

U-NEXTで映画『フローズン・タイム』を安全に視聴する

フローズン・タイムのネタバレ感想と評価【映画】

映画『フローズン・タイム』の邦題の意味は、「凍結した時間」です。

しかし、この凍結は氷るのではなく、停止の意味に当たります。

映画やドラマで、「フリーズ!」という言葉を、耳にすることが多いのではないでしょうか?

警官が犯人に向かって銃を向けた際などに、良く使われますね。

これも、「氷れ!」ではなく、「止まれ」になります。

つまり、「停止した時間」というのが、正しい訳です。

きっと主人公のベン(ショーン・ビガースタッフ)が持つ、時間を止める能力から付けたのでしょうね。

また、停止した雪が美しい、エンディング場面は必見です。

映画『フローズン・タイム』の映像を見た時に、「氷る」と「止まる」を上手く例えたと感じました。

なかなか粋なタイトルの付け方ですね。

とはいえ、原題の「Cashback」とは全く違います。

「Cashback」と言う言葉は、イギリスで良く使われています。

スーパーなどで、デビット・カードを使って買い物をした際に、レジで現金を引き出せるサービスです。

つまり、買い物と交換条件で、レジがATMの役目もしてくれます。

だけど、映画『フローズン・タイム』での「Cashback」の意味は、少し違っています。

主人公のベンは不眠症のため、時間を持て余していました。

そこで彼が思いついたのが、余った時間の有効利用です。

その時間と引き換えに、バイトでお金を稼ぐことにしました。

つまり、その交換する行為を、「Cashback」呼んでいるのです。

また、止まった時間内で、彼は絵を書きます。

そして、ベンの描いた絵は評価され、個展を開くほどになりました。

絵が売れるほど認められたのです。

考えてみると、止まった時間の有効利用も、お金と交換になりました。

そして、ベンは一度は別れた彼女との、よりを戻すこともできます。

つまり、時間と交換に彼は、愛をも手に入れたのです。

なかなか奥の深いタイトルですね。

このように、邦題と原題の意味が分かってくると、映画『フローズン・タイム』の魅力がさらに増しました。

結局、この映画は何を訴えたいのでしょうか?

主人公は時間を止める特殊能力がありながら、ヒーローものではありません。

また、恋愛ものとしても、少し物足りなさがあります。

けれども、時間を止めてスケッチするという意味を考えた時に、見えてくるものがあります。

それは、流れ行く時間の中にある、一瞬一瞬の美しさや素晴らしさです。

つまり、「停止した時間」のもつ意味は、退屈な日常の中にある、一瞬の素晴らしさではないでしょうか?

何も考えず一日一日を過ごすのではなく、その一瞬を見つけれるか?のほうが大事なのだと思います。

そして、その一瞬を見つけて、何を感じるか?

人それぞれ違った感じ方を、どう受け止めて人生に活かすか?

なかなか難しいことではありますが、その一瞬を感じることへの憧れを強く感じました。

これは、監督が写真家でもあることが、大きな理由だと思います。

つまり、映画『フローズン・タイム』には、写真という一瞬を切り取る行為に対する、彼なりの解釈が込められていると感じました。

また、この映画には、「これでもか!」と言うくらい、変わり者が登場します。

大人としてみれば未熟にしか見えません。

しかし、これは監督の憧れではないでしょうか?

ベンは子供のころに感じた、女性の美しさを追求しています。

また、彼の同僚やショーンは、子供の心を持ったまま大人になった、無邪気さや純粋さがあります。

つまり、子供のころに抱いた感情を失いたくないという、監督の気持ちなのだと思います。

大人らしく生きるのも大事です。

だけど、子供らしさも重要であると言いたいのだと感じました。

フローズン・タイムの動画無料視聴まとめ

ショーン・ビガースタッフ主演映画『フローズン・タイム』の動画を無料視聴できる方法をご紹介しました。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、フローズン・タイムをU-NEXTで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました