インクレディブル・ハルク(映画)の動画フルを無料視聴!Huluで見れる?

アクション

エドワード・ノートン主演映画『インクレディブル・ハルク』【監督:グレゴール・ジョーダン|原題:The Incredible Hulk】(2008年)の動画フルを無料視聴する快適な方法をご紹介します。

\31日間以内に解約すれば、料金はかかりません/

今すぐ、『インクレディブル・ハルク』を無料で見てみる

インクレディブル・ハルク(映画)の動画フルを無料視聴する快適な方法

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、エドワード・ノートン主演映画『インクレディブル・ハルク』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

動画配信情報
U-NEXT 〇(字幕)
Hulu ×
FOD ×
dTV ×
Amazonプライム △(字幕・吹替)
Netflix 〇(字幕・吹替)

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験キャンペーンがなくなっています。ですから、1ヶ月のお試し登録ができなくなりました。登録した時点で、通常料金が掛かります。

※紹介しているVODサービスの情報は2020年6月13日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

インクレディブル・ハルク(映画)の無料視聴ならU-NEXT!

映画『インクレディブル・ハルク』は、Hulu(フールー)では配信されていません。

鑑賞するなら見放題配信しているU-NEXTがおすすめです。

U-NEXTに初めて登録する場合、無料視聴できるキャンペーン期間が31日間あります。

キャンペーン期間中に解約すれば、一切、お金はかかりません。実際に、視聴できるか体験してから継続して契約するか決めることができます。

やっぱり、使ってみないとわからないので、優しいシステムですね。

映画『インクレディブル・ハルク』でハルクを演じていたエドワード・ノートンが出演する下記の映画がU-NEXTで配信されています。

【主な配信作品】

  • ラウンダーズ
  • ボーン・レガシー
  • ミニミニ大作戦
  • ムーンライズ・キングダム
  • グランド・ブダペスト・ホテル

エドワード・ノートンの魅力を満喫してください。

さらに、U-NEXTのキャンペーンには31日間の無料体験だけでなく、600円分のポイントの特典がついてきます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が、どんどん動画配信されます。ただし、新作映画は見放題で配信されることは、ほとんどありません。

そこで、助かるのが特典でもらえるポイント600円分です。

ポイント600円分を使えば、有料扱いの新作映画も追加料金がかかりません。

エドワード・ノートンが監督・脚本・製作・主演を務めた映画『マザーレス・ブルックリン』も特典のポイントを使えば実質、無料で鑑賞できます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに好きな場所で手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、予想以上にハマる動画配信サービスといえるでしょうね。

>>>U-NEXTで映画『インクレディブル・ハルク』を見放題で鑑賞する<<<

U-NEXT(ユーネクスト)

インクレディブル・ハルク(映画)の動画はパンドラなどで無料視聴できないの?

無料で動画を視聴できるようにアップされている動画共有サイトを紹介します。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

これらのサイトにある動画は、著作権に違反して勝手にアップロードされたものです。そのため、次のようなデメリットがあります。

画質や音質の程度が低く、快適に視聴できません。そして、スマホやパソコンがウイルス感染するリスクもあります。

U-NEXTで映画『インクレディブル・ハルク』を安全に視聴する

インクレディブル・ハルク(映画)のネタバレ感想と評価

ハルクというと、どうしても70年代に放映されたテレビシリーズを思い浮かべがちで、映画『インクレディブル・ハルク』を見るにあたってもテレビシリーズと比べてしまいます。

テレビシリーズの魅力は、主人公ブルース・バナーの知性あふれる容姿と佇まいが、ハルクに変わると全く野獣のような大男になってしまうのですが、そのギャップの激しさが強烈な印象を与えました。

また、テレビシリーズは、シリーズを通じてバナーが放浪の旅を続ける設定で、バナーが旅を続けなければならない理不尽さと彼が感じる孤独がにじみ出た、テレビシリーズとしては非常に暗い雰囲気も漂わせた作品です。

こうしたハルクに対するイメージを持って、映画『インクレディブル・ハルク』を見たのですが、当然のことながらそこかしこに現代らしさを見て取ることができます。

一番の変化は、本作ではハルクが全てCG化した結果、より巨大化し戦闘力もパワーアップする一方で、ハルクの顔には感情がより多く盛り込まれたことです。

巨大化した結果、ハルクは戦闘車両やヘリなどを全く相手にせず、銃弾すらも跳ね返すほどの強靭さを備えます。

戦闘シーンで銃撃を受けてもひるむことなく敵をなぎ倒していくハルクには、異様な迫力を感じさせます。

戦闘シーンの迫力が圧倒的に増した点で、CGをフル活用してハルクを巨大化させたことは正解でした。

他方でハルクの表情にもより多く感情が現れるようになりました。

怒りに打ち震えたり、不安を感じたりする表情がハルクの顔に見られます。

しかし、これは少しやり過ぎなように感じました。

バナー(エドワード・ノートン)は、ハルクに変身した際、バナーとしての感情がそこに残っているのかどうかをはっきりとは覚えておらず、何を考えているのか自分でもわからないと語ります。

おそらく、ハルクに変身した際のバナーは、異様な興奮状態にあり、理性的な判断をしにくい状態にあるのでしょう。

このことを考えると、ハルクの表情に必要以上に感情を表現させることは、バナーの言葉と矛盾するように感じます。

また、まったくの野獣となってしまい、自分が何をするかわからない恐怖は、バナーが変身したくない理由の1つです。

そのため、ハルクには、例えばエリザベスのような大切な人を襲わないなど、ある程度の理性があってもいいと思うのですが、できる限り感情を表に出さないキャラクターであるほうがいいように感じました。

テレビシリーズでは、バナーがハルクに変身するのは、激高するなどのマイナスの感情が沸点に達したときだとされていました。

これに対して、映画『インクレディブル・ハルク』では変身する基準として、脈拍が用いられており、脈が200を超えると変身する設定になっています。

このため、本作ではバナーは脈をあげないためにエリザベス(リヴ・タイラー)とセックスすることを諦めたりします。

けれども、この設定は、ただダッシュを繰り返しただけでも変身することになってしまい、ハルクを憤怒に満ちた存在として見ることができなくなってしまうのではないでしょうか。

映画『インクレディブル・ハルク』でもバナーは怒りをコントロールする訓練を受ける場面が登場するのですが、途中で脈拍に切り替わってしまっているのは不可解です。

ハルクに変身した後もバナーの知性と理性を持ち、変身を自在にコントロールできるようになれば、ハルクはまさにスーパーヒーローです。

本作で描かれるハルクは、そうした方向に向かうよう描かれています。

それは、映画『インクレディブル・ハルク』がアイアンマンに代表されるマーヴェルのスーパーヒーローシリーズの一環であることが最大の理由だと感じました。

これに加え現代の価値観が、まったくの別人格で野獣のような大男に変身するようなヒーローを必ずしも求めていないことも原因であるように思います。

インクレディブル・ハルク(映画)の動画無料視聴まとめ

エドワード・ノートン主演映画『インクレディブル・ハルク』の動画を無料視聴できる方法をご紹介しました。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、インクレディブル・ハルクをU-NEXTで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました