スノーピアサー(映画)の動画配信をフルで無料視聴!吹き替えも見れる

アクション

映画『スノーピアサー』【監督:ポン・ジュノ|原作:ジャック・ロブ、バンジャマン・ルグラン、ジャン=マルク・ロシェット『Le Transperceneige』|原題:Snowpiercer】(2013年)の動画フルを無料視聴する快適な方法をご紹介します。

\31日間以内に解約すれば、料金はかかりません/

今すぐ、『スノーピアサー』を無料で見てみる

スノーピアサー(映画)の動画配信を無料視聴する快適な方法

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ポン・ジュノ監督映画『スノーピアサー』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

動画配信情報
U-NEXT 〇(字幕・吹替)
Hulu ×
FOD ×
dTV △(字幕・吹替)
Amazonプライム 〇(字幕)
Netflix 〇(字幕)

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験キャンペーンがなくなっています。ですから、1ヶ月のお試し登録ができなくなりました。登録した時点で、通常料金が掛かります。

※紹介しているVODサービスの情報は2020年6月2日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

スノーピアサー(映画)の無料視聴ならU-NEXT!

映画『スノーピアサー』を鑑賞するなら見放題配信しているU-NEXTがおすすめです。

U-NEXTに初めて登録する場合、無料視聴できるキャンペーン期間が31日間あります。

キャンペーン期間中に解約すれば、一切、お金はかかりません。実際に、視聴できるか体験してから継続して契約するか決めることができます。

やっぱり、使ってみないとわからないので、優しいシステムですね。

映画『スノーピアサー』で監督をしたポン・ジュノが関わった下記の映画がU-NEXTで配信されています。

【主な配信作品】

  • 母なる証明
  • 海にかかる霧
  • TOKYO!
  • グエムル 漢江の怪物

ポン・ジュノ監督は、『パラサイト 半地下の家族』で第92回アカデミー賞作品賞を受賞しています。

さらに、U-NEXTのキャンペーンには31日間の無料体験だけでなく、600円分のポイントの特典がついてきます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が、どんどん動画配信されます。ただし、新作映画は見放題で配信されることは、ほとんどありません。

そこで、助かるのが特典でもらえるポイント600円分です。

ポイント600円分を使えば、有料扱いの新作映画も追加料金がかかりません。

クリス・エヴァンスが出演する映画『gifted/ギフテッド』も特典のポイントを使えば実質、無料で映画鑑賞ができます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに好きな場所で手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、予想以上にハマる動画配信サービスといえるでしょうね。

>>>U-NEXTで映画『スノーピアサー』を見放題で鑑賞する<<<

U-NEXT(ユーネクスト)

スノーピアサー(映画)の動画はパンドラなどで無料視聴できないの?

無料で動画を視聴できるようにアップされている動画共有サイトを紹介します。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

これらのサイトにある動画は、著作権に違反して勝手にアップロードされたものです。そのため、次のようなデメリットがあります。

画質や音質の程度が低く、快適に視聴できません。そして、スマホやパソコンがウイルス感染するリスクもあります。

U-NEXTで映画『スノーピアサー』を安全に視聴する

スノーピアサー(映画)のネタバレ感想と評価

映画『スノーピアサー』は、地上が雪と氷で覆われ、生物が生き残れない状態となってしまった世界を、生き残った僅かな人類は永久機関を持つ列車でひたすら世界を周回し続けるのが物語の設定です。

スノーピアサーと呼ばれる、この列車内部は、前方で列車の機能を管理する富裕層、後方に貧困層が配置され、貧困層は衣食住すべてにおいて劣悪な環境に置かれ、富裕層からの暴力的な支配にあえぎ苦しんでいます。

物語は富裕層から列車の支配を奪い取ろうとする貧困層の反乱を描きます。

具体的には後方車両から前方車両に向けて一両ずつ支配を獲得していく貧困層の進撃を、車両ごとの特徴や列車が通過する地域の特徴などを交えながら物語は進んでいくのです。

人間が暮らす世界を一編成の列車のみに限定することが物語の面白さにあるように感じました。

1つの列車ではあっても、そこには色んな国籍、人種、宗教など様々な違いを抱えた人々が押し込められているわけですから、列車は、人間社会を相当、濃密に圧縮した空間となります。

列車に暮らす人々の間の様々な差異が不満を呼び、やがては反乱や対立を引き起こすわけです。

そのきっかけとなるのは、映画『スノーピアサー』では貧富の差となっています。

人種や宗教といった要因ではなく、貧富の差が人々の間の対立を引き起こす最大の原因だとする世界観がここには色濃く反映しています。

富裕層と貧困層という二項対立的な把握のあり方なのですが、今日の世界のあり方から考えると、やや古めかしく、単純化しすぎな世界観であるように感じました。

他方で、こうした富める者と貧者の間の対立という構図は、すさまじい貧困状態に置かれた貧者の富の独占に対する怒りと、物質的豊かさに溺れる富める者の愚かさを際立たせる効果を持ちます。

序盤の戦いのなかで、斧で武装する富める者の部隊に貧者が素手で戦闘を挑むシーンがありますが、このシーンの異様な迫力は、富める者と貧者の格差が極端に強調された結果もたらされた貧者の怒りの激しさをよく表しているようでした。

貧者が反乱を起こす動機として、後方車両に閉じ込められ共食いをしなくてはならないほどの劣悪な環境に置かれた貧者の怒りがこの物語では強調されています。

たしかに、貧困が反乱を起こす十分な理由にはなり得るものの、その他にさほど強い動機が描かれていないことが物語全体にやや間延びした印象を与えています。

例えば、後方車両が列車全体に与える貢献は、前方車両で必要になった労働力を供給する程度にしか描かれていません。

列車全体を人間社会と見るならば、前方車両と後方車両それぞれが列車全体を運行していくことに対する分業体制が成立しているべきなのですが、それが描かれていないために、前方車両と後方車両が全く独立した世界のように見えてしまいます。

言い換えると、そもそも後方車両は列車全体にとって必要な存在だったのか疑問に思えてしまい、これでは反乱を描いても今ひとつそれに共感することができません。

一編成の車両に世界すべてを詰め込むというアイデアはいいのですが、車両という列車全体の中で独立しているようでそうではない空間の物語における位置づけが曖昧なまま終わってしまったことがこうした印象を抱かせる大きな原因であるように感じます。

スノーピアサー(映画)の動画配信無料視聴まとめ

ポン・ジュノ監督映画『スノーピアサー』の動画を無料視聴できる方法をご紹介しました。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

マーベル映画でキャプテン・アメリカを演じているクリス・エヴァンスが出演しているんですよね。

今すぐ、スノーピアサーをU-NEXTで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました