ハンターキラー 潜航せよの動画フル無料視聴!Netflixで見れる?【映画】

アクション

ジェラルド・バトラー主演映画『ハンターキラー 潜航せよ』【監督:ドノヴァン・マーシュ|原作:ドン・キース、ジョージ・ウォレス|原題:Hunter Killer】(2018年)の動画フルを無料視聴する快適な方法をご紹介します。

\31日間以内に解約すれば、料金はかかりません/

今すぐ、『ハンターキラー 潜航せよ』を見てみる

ハンターキラー 潜航せよの動画フルを無料視聴する快適な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ジェラルド・バトラー主演映画『ハンターキラー 潜航せよ』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画配信がされています。

動画配信情報
U-NEXT △(字幕・吹替)
Hulu ×
FOD △(字幕・吹替)
dTV △(字幕・吹替)
Amazonプライム △(字幕・吹替)
Netflix ×

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験キャンペーンがなくなっています。ですから、1ヶ月のお試し登録ができなくなりました。登録した時点で、通常料金が掛かります。

※紹介しているVODサービスの情報は2020年6月21日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

ハンターキラー 潜航せよの無料視聴するならU-NEXT【映画】

残念ながら、見放題配信をしているところはなく、ポイント制もしくは有料でのレンタル扱いです。

また、Netflix(ネットフリックス)では動画配信されていません。

ただし、実質、無料で映画『ハンターキラー 潜航せよ』の動画フルを見る方法があるんです。

U-NEXT(ユーネクスト)の無料トライアル特典には31日間無料で見放題だけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

映画『ハンターキラー 潜航せよ』は、ポイント600円分の範囲内で見られますから、追加料金なしで視聴可能です。

>>>U-NEXTで映画『ハンターキラー 潜航せよ』を鑑賞する<<<

U-NEXT(ユーネクスト)

ハンターキラー 潜航せよはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに無料で動画が見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

U-NEXTで映画『ハンターキラー 潜航せよ』を安全に視聴する

ハンターキラー 潜航せよのネタバレ感想と評価【映画】

ロシア近海を航行中の潜水艦コーニク。

その数百メートル後ろから追尾しているのが、アメリカの潜水艦タンパ・ベイ。

アメリカ海軍の隠密能力はすさまじく、コーニクはタンパ・ベイに気付いていません。

ここで、いきなりコーニクが爆発します。

ついで、タンパ・ベイは上方からの攻撃により撃沈。

潜水艦が攻撃されたとの情報により、ペンタゴンには緊張が走ります。

臨戦態勢に移行しつつあるアメリカは、海から攻撃型原潜(ハンターキラー)アーカンソーを、空から特殊部隊を派遣し、何が起きたのか調査を始めました。

この攻撃がロシア国防長官によるクーデターの一環だと判明し、アーカンソーと特殊部隊には前代未聞の命令が下されます。

それは、「ロシアの基地に潜入してロシア大統領を救出せよ」というもの。

救出前に発見されたり、大統領が殺されたりすれば、アメリカとロシアは全面戦争に突入してしまいます。

世界の命運を背負い、1隻の潜水艦と4人の特殊部隊が戦いに赴きます。

潜水艦の映画と言えば、やはり潜水艦同士の戦闘が思い浮かびますよね。

一切、視界のない中で、かすかな音を頼りに動きを読み合う緊張感。

息をひそめる静のシーンから、爆発音と怒号が飛び交う動のシーンへ。

この切り替わりは何度、見ても楽しめます。

当然、映画『ハンターキラー 潜航せよ』にもありますけど、潜水艦がらみで最も緊迫するのはこの戦闘ではありません。

それは、軍港に接近するためフィヨルドを航行するシーンです。

軍港は、潜水艦を近づけないため最大限の防御をしています。

フィヨルドの複雑な海底地形だけでも厄介なのに、海中にはブラブラと機雷が浮かび、海底には磁気や音響のセンサーが仕掛けられているのです。

塗装をこするほどの精度で航行しなければなりませんし、しゃべる事すら命取りになります。

頼みの綱は、コーニクの艦長アンドロポフ(ミカエル・ニクヴィスト)の情報だけ。

海図にない抜け道は果たして本当なのか、それとも、アンドロポフの罠なのか。

『ハンターキラー 潜航せよ』の幾重にも積み重なる緊張感は、潜水艦映画でもトップクラスのものでしょう。

こんな時に限ってレンチが落下しますし、浸水、火災、魚雷室でのトラブルと、潜水艦名物を入れ込むことも忘れません。

しかし、これだけではいつもの潜水艦映画になってしまいます。

そこで、映画『ハンターキラー 潜航せよ』では地上部隊が大活躍します。

グラス艦長(ジェラルド・バトラー)率いるアーカンソーにできる事は、ビーマン(トビー・スティーヴンス)率いる特殊部隊の回収だけですからね。

潜水艦顔負けの静かな潜入を経て、これでもかと銃弾が飛び交う戦闘シーンの連続です。

アメリカ野郎には負けられないとばかりに奮闘する、大統領側近のオレグ(ユーリ・コロコルニコフ)にも注目しましょう。

中指を立てながら手榴弾のピンを抜くところなんて、最高に盛り上がりますよ。

さらに、負傷したマルティネッリ(ゼーン・ホルツ)が絶好のタイミングで再登場。

残さざるを得なかった彼を救出するため、単身敵地に戻るビーマン。

とにかく熱いシーンが続きます。

静と動、海中の冷たさと地上の熱さ。

様々な要素を切り替えつつ、世界を救うため戦う男たちが描かれます。

半分ぐらい地上部隊に持っていかれてますけど、『ハンターキラー 潜航せよ』は単調になりがちな潜水艦映画に見事な一石を投じてくれました。

ハンターキラー 潜航せよの動画フル無料視聴まとめ【映画】

ジェラルド・バトラー主演映画『ハンターキラー 潜航せよ』のフル動画を無料視聴する快適な方法をご紹介しました。

また、記事の後半では、ネタバレ感想や評価がまとめてあります。

今すぐ、ハンターキラー 潜航せよをU-NEXTで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました