LAギャングストーリーの動画フル無料視聴!吹き替えも見れる【映画】

アクション

映画『L.A. ギャング ストーリー』【監督:ルーベン・フライシャー|原作:ポール・リーバーマン|原題:Gangster Squad】(2013年)の動画フルを無料視聴する快適な方法をご紹介します。

\31日間以内に解約すれば、料金はかかりません/

今すぐ、『L.A. ギャング ストーリー』を無料で見てみる

LAギャングストーリーの動画フルを無料視聴する快適な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、映画『L.A. ギャング ストーリー』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

動画配信情報
U-NEXT 〇(字幕・吹替)
Hulu ×
FOD ×
dTV △(字幕・吹替)
Amazonプライム △(字幕・吹替)
Netflix ×

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験キャンペーンがなくなっています。ですから、1ヶ月のお試し登録ができなくなりました。登録した時点で、通常料金が掛かります。

※紹介しているVODサービスの情報は2020年6月3日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

LAギャングストーリーの無料視聴ならU-NEXT!【映画】

映画『L.A. ギャング ストーリー』を鑑賞するなら見放題配信しているU-NEXTがおすすめです。

U-NEXTに初めて登録する場合、無料視聴できるキャンペーン期間が31日間あります。

キャンペーン期間中に解約すれば、一切、お金はかかりません。実際に、視聴できるか体験してから継続して契約するか決めることができます。

やっぱり、使ってみないとわからないので、優しいシステムですね。

映画『L.A. ギャング ストーリー』でオマラを演じていたジョシュ・ブローリンが出演する下記の映画がU-NEXTで配信されています。

【主な配信作品】

  • グーニーズ
  • オールド・ボーイ
  • オンリー・ザ・ブレイブ
  • ボーダーライン
  • ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ

ジョシュ・ブローリンの若い頃が気になる方は、『グーニーズ』は必見ですね。

さらに、U-NEXTのキャンペーンには31日間の無料体験だけでなく、600円分のポイントの特典がついてきます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が、どんどん動画配信されます。ただし、新作映画は見放題で配信されることは、ほとんどありません。

そこで、助かるのが特典でもらえるポイント600円分です。

ポイント600円分を使えば、有料扱いの新作映画も追加料金がかかりません。

ジョシュ・ブローリンが演じたサノスの圧倒的な強さが見られる映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』も特典のポイントを使えば実質、無料で鑑賞できます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに好きな場所で手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、予想以上にハマる動画配信サービスといえるでしょうね。

>>>U-NEXTで映画『L.A. ギャング ストーリー』を見放題で鑑賞する<<<

U-NEXT(ユーネクスト)

LAギャングストーリーの動画はパンドラなどで無料視聴できないの?【映画】

無料で動画を視聴できるようにアップされている動画共有サイトを紹介します。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

これらのサイトにある動画は、著作権に違反して勝手にアップロードされたものです。そのため、次のようなデメリットがあります。

画質や音質の程度が低く、快適に視聴できません。そして、スマホやパソコンがウイルス感染するリスクもあります。

U-NEXTで映画『L.A. ギャング ストーリー』を安全に視聴する

LAギャングストーリーのネタバレ感想と評価【映画】

近年の犯罪捜査を描いた作品では、たとえ殺したいほど憎たらしい犯人であっても手荒に扱わないなど、捜査手続きを厳守し、粛々と犯罪者を逮捕・起訴することの大切さが強調されます。

これは手続き上の不備で重大犯罪者が無罪になるなど、理不尽な事態が現実に起こっていることの影響です。

しかし、余りに残忍で卑劣な犯罪が横行し、捜査手続きが厳守されることで中々、犯人が捕まらないことにフラストレーションが溜まるのも事実です。

映画『L.A. ギャング ストーリー』は、そうしたフラストレーションを解消するものと位置づけることができます。

戦後直後、1940年代後半のロスアンゼルスを舞台にし、マフィア組織に文字通り戦争を仕掛けた警察の秘密部隊の活躍を本作は描いているのです。

今日とは異なり、さほど捜査手続きの厳正さが求められない時代と、ロスアンゼルスというまだまだ発展途上で無法者が入り込む余地がいくらでもある地域を舞台にすることで、警察の秘密部隊が法を無視して暴走することがいかにもありそうと思わせます。

そして、ジョシュ・ブローリンやライアン・ゴズリングといったノリに乗っている俳優を起用することで、作品を、血なまぐさい物語でありながらも、どこかスタイリッシュな空気を醸し出すハード・ボイルド作品にしたかったのだろうと感じました。

映画『L.A. ギャング ストーリー』の序盤では、ジョシュ・ブローリン演じるオマラにより秘密部隊が組織され、初めてカジノに踏み込むあたりまでは、相当な痛快さが感じられます。

警察本部長のお墨付きを得ているため、銃は撃ち放題、ミスをして警察に逮捕されても脱獄するのですが、それすらもやってしまえと思わせるほどです。

けれども、マフィアと癒着する判事や警察関係者が余りに多く、彼らの行動は軌道修正を迫られます。

ただ暴力だけでマフィア組織を壊滅できるほど、問題は単純ではありませんでした。

このあたりから、物語が徐々にトーンダウンしていきます。

痛快さを強調することができなくなってしまい、物語が迷走していくように感じるのです。

組織のリーダーであるオマラは従来どおりの暴走路線でマフィアを潰そうとします。

他方、彼の右腕であり、ライアン・ゴズリング演じるジェリー・ウーターズは、その方針が破綻することを見抜いていました。

活動方針をめぐるかなり重大な対立だと思うのですが、どこか有耶無耶になって物語は進みます。

また、オマラが実行しようとする方針は暗殺部隊と変わらないのですが、当然、部隊の一部メンバーからは、この方針のあまりの過激さに対する疑問の声も湧きます。

組織の方針をめぐった重大な対立などが有耶無耶になる中で、物語は進んでいくため、部隊が悪に鉄槌を下しても、今ひとつスッキリしません。

部隊の一体感が感じられないのです。

このもやもやした感じは、作品の終わりまで続き、期待したほどの痛快さを感じることができませんでした。

マフィア作品の典型のような派手なガン・アクションが多数登場し、正義の味方である部隊のメンバーはどんなに銃撃を受けても決して屈せず、怒りにまかせてマフィアをなぎ倒す。

そうした一種の超法規的な作品は、手続き厳守の重大さを描いた作品が多い中で、意外に需要があるのだと思います。

だけど、物語の核となる警察の秘密組織の活動方針が不明瞭なまま物語が進み、不完全燃焼なストーリーになってしまった点で、映画『L.A. ギャング ストーリー』は、そうした需要には応えきれていないように感じました。

LAギャングストーリーの動画無料視聴まとめ

映画『L.A. ギャング ストーリー』の動画を無料視聴できる方法をご紹介しました。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、L.A. ギャング ストーリーをU-NEXTで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました